資金調達方法・売掛債権担保ローン

2019 12/18

銀行などの金融機関から借入する際には担保がある方が有利になり、売掛債権を担保に借入をおこなう「売掛債権担保ローン」もあります。

ここでは、売掛債権担保ローンを知りたい方への基礎知識を紹介します。

目次

売掛債権担保ローンとは

売掛債権担保ローンとは「売掛債権」を担保にしたローンの事で、売掛債権担保融資(ABL)などと言われています。

「売掛債権」とは商品やサービスを販売した後に、その代金を受け取る事ができる権利の事です。

主には売掛金や受取手形などがそれにあたり、資産の一部として扱われます。

売掛債権は直ぐには回収する事ができないため、早急の資金調達を必要している場合には売掛債権担保ローンを利用した方が良いでしょう。

売掛債権を担保にして借入をする事によって事によって前倒しに事業を推し進める事ができます。

売掛債権担保ローンの特徴とメリット

売掛金先に知られないで済む

売掛債権担保ローンの特徴では、同じく売掛債権を利用したファクタリングとは違い売掛債権譲渡通知がない事が特徴となりメリットにもなります。

ファクタリングのうちの三者ファクタリングでは取引先に売掛債権を譲渡した事を通知しなければいけませんが、売掛債権担保ローンでは売掛金先に知られせる必要がありません。

売掛債権の金額によって借入金額も増える

売掛債権が担保になっているので、その金額が大きければ借入金額も比例して大きくなります。掛目(評価額)こそありますが、売掛債権が豊富な企業ほど有利になります。

売掛金先の信用性が重く見られる

売掛債権が担保になる場合では、借入する企業の信用性よりも売掛金先の信用性の方が重く見られます。不動産担保ローンなどでは借入企業の信用性だけが見られますが、売掛債権担保ローンでは信用依存が異なり審査も甘くなっています。

売掛債権担保ローンのデメリット

売掛債権担保ローンのメリットでは、上記で紹介した売掛金先に知られる事なく早期の資金調達ができる事などになります。

一方、デメリットでは取引先との契約の際に「売掛債権譲渡禁止特約」が契約書に盛り込まれていると利用できない事がデメリットになります。

他のデメリットでは以下の様なものがあります。

売掛債権担保ローンのデメリット

  • 個人事業主では利用できない
  • 債権譲渡登記が必要
  • 即日の資金調達ができない
  • 売掛債権がないと利用できない
  • 売掛金先に知られるリスクもある
  • ノンバンク系では悪質業者もいる

銀行の売掛債権担保ローンでは時間が掛かってしまいますが、ノンバンク系よりも信頼性が高く悪質な業者はほぼいません。

一方、ノンバンク系では審査が甘くスピーディーですが中には闇金業者のような悪質な業者もいると言われていますので、貸金業の許可を得ているか確認しましょう。

売掛債権担保ローンかんたんまとめ

売掛債権担保ローンは売掛債権を担保にした資金調達で、売掛金や受取手形を早期に現金化する事ができます。

ファクタリングとは違い即日融資はできませんが、売掛債権が豊富にある中小企業では低金利で借入する事ができる資金調達になります。

ただ、審査時には取引先も大きく関わり普段の借入よりも書類等が多くなるので、早めの準備をしておく方が良いでしょう。

資金調達の種類はこちら

関連記事

目次