資金調達方法・ファクタリング

2019 12/19

ファクタリングとは、売掛金を専門業者に売却して現金化する資金調達の1つです。

売掛金の期日前に現金化できるため資金効率が上がります。

このファクタリングはネットの口コミでも多くの経営者から評価されています。

経済産業省などもファクタリングを活用して資金調達をすることを推進していますので、今後の資金調達方法の1つに検討する価値はあるはずです。

目次

ファクタリングの注意点は?

ファクタリングを活用して資金調達する際、最も注意する点は取引先に知られてしまう点でしょう。

ファクタリングは

  • 2社間ファクタリング(利用者・ファクタリング業者)
  • 3社間ファクタリング(利用者・ファクタリング業者・取引先)

の2種類の方法に分けられます。

3社間取引の方が手続きの手間が省けるため手数料が安くなりますが、取引先にも通知することになります。

その影響で取引先に知られてしまい関係性が悪化するリスクが少なからずあります。

取引先に知られると不都合になる場合は2社間取引でファクタリングを活用するべきだと言えます。

次にファクタリングのメリット・デメリットをピックアップしますのでチェックしてみてください。

ファクタリングのメリット

資金化のスピードが優れている

資金調達の方法によっては必要書類の提出が多いなどが影響して手続きに手間がかかることも少なくありません。

すぐに資金調達をしなければいけない場合は不都合になることも多いのではないでしょうか。

ファクタリングの場合は売却する売掛債権が存在しているかどうかが重要なポイントになりますので必要書類の提出が少ないのです。

審査も売掛債権の存在が確認できればすぐ可決となるため資金化までが早いです。

平均的には申し込みをしてから2日から3日で資金化することができると言われていますが、利用する業者によっては即日で対応してくれるケースもあります。

担保不要で資金化することが可能

資金調達の方法によっては不動産など担保が必要になることも少なくありません。

会社の経営が厳しい状態のときに担保を用意するのはなかなか厳しいというのが実情です。

ファクタリングの場合はそのような心配をする必要はありません。

先ほども紹介しましたように売掛債権が存在しているかどうかが重要なポイントになりますので担保は必要ありません。

会社を設立して間もない時期でも売掛債権を保有していれば資金調達することができます。

実は節税効果も期待できる

ファクタリングを活用して資金調達をする場合は手数料が発生してしまいます。

手数料は決して低くありませんので気になってしまうことも多いのではないでしょうか。

しかしファクタリングの手数料は経費に計上することが可能です。

経費に計上すれば課せられる税金も少なくなるため節税効果が期待できます。

節税をしなければいけないと考えている会社の経営者にとっても実はメリットになる面があります。

その他

  • 流動性の低い資産である売掛債権を現金化できる
  • 資産のオフバランス化を推し進められる
  • 売掛債権回転率や売掛債権回転期間を改善できる
  • キャッシュフローが改善できる
  • 未回収リスクを回避できる

ファクタリングのデメリット

売掛債権を資金に置き換えるだけで上記のようなメリットが発生する点ではファクタリングは魅力的な資金調達方法だと言えますが、一方で次に挙げるデメリットやリスクも潜んでいるので利用の際には注意が必要です。

  • 手数料によって資産が目減りする
  • 取引先に知られたときに信用を失う可能性がある

売掛債権を譲渡売却して資金に置き換える際の未回収リスクをファクタリング会社に移管しますので、ファクタリング会社は相応の手数料を債権額から差し引きます。

また、売掛債権譲渡の事実が債務者である取引先に知れた場合に経営状態の悪化などを懸念され取引に悪影響が出る可能性があるのはファクタリング利用時に生じる大きなリスクだと言えます。

ファクタリング会社はどこがいい?

ファクタリングの利用を考えた時にいくつか疑問が出ると思います。

その1つは、どの業者を利用するか?ではないでしょうか。

そこで現在、所在が明確で利用の候補として問題ないファクタリングを一覧にしました。

ファクタリングの基礎知識も細くしていますので合わせてチェックしてみましょう。

あわせて読みたい
ファクタリング会社ランキング厳選50の会社を一挙公開!
ファクタリング会社ランキング厳選50の会社を一挙公開!ファクタリング会社はここ数年でかなり増えています。一方で、ホームページを閉鎖している会社もあり、業界内での競争が高まってきています。ライバル同士の競争は、手...

最終的に絞りきれない場合は、おすすめの会社をご案内しますので、以下より無料診断を進めてみてください。

画像

資金調達の種類はこちら

関連記事

目次