資金調達方法・ビジネスローン

2019 12/18
資金調達方法・ビジネスローン
目次

ビジネスローンとは?

そもそもビジネスローンとは?と思われる方のためにビジネスローンの特徴を簡単に紹介します。

ビジネスローンとは事業者(主に中小企業や個人事業主)を対象にした無担保型の融資になり、一般的な銀行融資とは異なります。

ビジネスローンが誕生したのはノンバンク系の金融機関が始めたサービスが起点になりますが、今では大手の銀行も積極的にビジネスローンサービスを提供しています。

ビジネスローンの特徴は銀行融資とは違い、審査が早くスピード融資が可能なこと。

また、審査基準も銀行融資よりも緩和されており、中小企業にとっては最後の頼み綱と言われる存在です。

ただし金利は銀行融資と比べると高めとなっており、スピーディーな資金調達ができますがややリスクを伴う事も確かです。

その点を踏まえて、メリット・デメリットを理解するのが先決です。

取扱う金融機関の増加とともに健全化が推し進められたビジネスローン

以前はビジネスローンを取扱う金融機関と言えばノンバンクの消費者金融や事業者ローン業者がイメージされるものでしたが、金融業界の統廃合と再編成の影響を受けた現在では銀行や信用組合、保険・証券会社など様々な金融機関が取り扱いを始めています。

これによりビジネスローンは従来のネガティブなイメージが払拭できない資金調達方法からカジュアルに利用できる資金調達方法へと大きく変貌したと言えるでしょう。

ビジネスローンは融資に対する審査基準が緩めに設定されている

融資で資金調達を行うデッド・ファイナンスの代表的存在が、低金利で融資を受けられる民間銀行のプロパー融資や信用保証協会の保証付融資であることに替わりはありません。

これらの資金調達手段は低金利である反面、融資審査の基準が厳しい傾向にあり特にプロパー融資は実現が困難な調達方法の代表と言っても過言ではありません。

同じ銀行から借入を受ける結果となってもプロパー融資とビジネスローンを利用するのでは審査基準の厳しさが大きく異なることから、プロパー融資の審査に通過できなかった場合でもビジネスローンであれば借入が行えるケースも珍しくありません。

ビジネスローンの審査基準が緩いのは未回収リスクの回避手段が異なるから

プロパー融資の審査が通過できなかった銀行でもビジネスローンであれば融資を行ってくれるという事実に「何故?」と疑問を抱く方は少なくないでしょう。

一見同じに見える融資の審査ですが、プロパー融資とビジネスローンでは未回収リスクの回避手段が異なるため融資審査のハードルの高さが異なると考えられます。

プロパー融資では不動産などの物的担保と第三者保証人などの人的担保によって未回収リスクを回避するため貸付金利が低い半面、担保の資産価値や融資先の業績などを厳しく審査します。

一方ビジネスローンは高めに設定した貸付金利によって未回収リスクを回避する融資商品であるため、融資審査のハードルが下げられプロパー融資と比べると審査基準が緩いと言われる傾向にあります。

スピード審査・スピード融資が期待できるビジネスローン

融資による資金調達を行う際にはもちろん低金利の融資を利用したいものですが、資金調達の必要に迫られる状況は突発的に発生することもあります。

例え想定外に発生した支払いであっても延滞するば事業運営に悪影響を及ぼすリスクがあるため、スピーディーな資金調達が求められます。

このような状況を融資審査に時間がかかるプロパー融資や保証付融資で乗り切るのは現実的でなく、ビジネスローンを利用した資金調達で対応するのが効果的だと考えられます。

ビジネスローンは審査基準が緩いだけではなくスピード審査・スピード融資が期待できる資金調達方法だと言えます。

メリット

  • 担保・保証人が不要
  • 融資スピードが早い
  • 審査が厳しくない
  • 資金使途が基本的に自由
  • 提出する必要書類が少ない

デメリット

  • 実質年率が高い
  • 高額融資が難しくなることも

融資の審査基準が緩くスピード審査・スピード融資が期待できるビジネスローンはメリットばかりが目につく金融商品のように感じますが、当然デメリットも存在します。

最も大きなデメリットとして貸付金利が高めに設定されていることが挙げられます。

既に紹介したようにビジネスローンは未回収リスクを高めに設定した金利で回避するのが特徴ですから、金利が高いのは致し方ないと言えますが、長期的な借入を行った場合高めに設定された金利が経営を圧迫することも十分考えられますので、金利の高さはビジネスローンのデメリットだと言えるでしょう。

また貸付上限額が一般的な融資に比べると低目に設定されている傾向がある点も、ビジネスローンの弱点だと言えます。

大規模な資金調達を行うのにビジネスローンでは対応できないケースも往々に見られると言えるでしょう。

ビジネスローンでは借入金の使用用途が事業性資金に限定されますが、プロパー融資や保証付融資の場合も同様に資金の転用は行えませんから、この点は特別視するべきではないと考えられます。

なお、融資の方法として銀行融資とビジネスローンは比較されやすい方法ですので、その違いを見てみましょう。

銀行融資とビジネスローンの比較

銀行融資とビジネスローンは会社の経営者が利用対象となっている点は共通しています。

しかし違う部分もたくさんありますので比較しながらどちらを利用するのが適しているのか確認しておきましょう。

銀行融資 ビジネスローン
限度額 制限なし 最大1000万円
担保・保証人 必要 不要
実質年率 1.0%から5.0% 5.0%から15.0%
融資スピード 約1ヶ月 最短即日
審査方法 担当者による個別審査 スコアリングシステム
難易度 厳しい 厳しくない
資金使途 契約内容によって変わってくる 基本的に自由
必要書類 本人確認書類・決算書・試算表・事業計画書・資金操り表・他社からの借入状況一覧・借入事項申込書・登記事項証明書・税務申告書・納税証明書・印鑑証明書(多い) 本人確認書類・決算書・登記事項証明書・税務申告書・納税証明書(少ない)

銀行融資とビジネスローンはいろいろな部分で違いがあることがお分かりいただけたでしょうか。

実際には、銀行融資の審査が通らない場合にビジネスローンを検討するという段階的な選択肢となる場合が多くなっています。

ビジネスローンの選び方

ビジネスローンの数はとても多いですが多くは銀行系とノンバンク系に分ける事ができます。

その時には、審査が甘くスピーディーな資金調達ではノンバンク系のビジネスローン会社を選ぶ方が良いでしょう。

銀行系の特徴

  • 高額の借入が可能
  • 審査に時間が掛かる
  • 金利は低めの設定

ノンバンク系の特徴

  • 即日の資金調達が可能
  • 個人事業主も借り入れできる
  • 金利は高めの設定

企業の資金調達ではあの手この手と様々ありますが「ビジネスローン」もその中のひとつです。

ビジネスローンは基本的には無担保融資が多く、いざという時には便利な資金調達方法となっています。

また、ビジネスローンを提供している銀行やノンバンクはとても多く、借入先の選択も容易ではありません。

そこで、こちらではビジネスローンの選び方とおすすめのビジネスローン10選を紹介しています。

おすすめのビジネスローン10選!

オススメのビジネスローンを10社に厳選して紹介します。

ビジネスローン会社を選ぶ時にはスピード審査や金利利率なども重要ですが、ビジネスローン会社の特徴を知っておく必要があります。

第1位 ビジネクスト株式会社(ノンバンク系)

融資対象者 法人または個人事業主
融資額 1万円~1,000万円まで
借入利率 8.0%~18.0%
担保 不要

ビジネクストの特徴は、来店不要で使用用途にも制限がなく自由に借入金を運用できる事です。全国のATMから利用可能なのでコンビニなどに設置してあるATMを使い借入と返済をする事ができます。



第2位 ビジネスセレクトローン(三井住友銀行)

融資対象者 法人(中小企業向け)
融資額 1億円まで
借入利率 2.125%~
担保 不要

三井住友銀行が提供しているビジネスローンで最大1億円まで借入する事ができます。業歴が2年以上なければ借入する事はできないため、中小企業向けのビジネスローンとなります。

No Image
資金の調達 中小企業向け融資 ビジネスセレクトローン : 三井住友銀行中小企業向け融資のビジネスセレクトローン&クライアントサポートローンについてのページです。

 

第3位 VIPローンカードBUSINESS(ノンバンク系)

融資対象者 法人または個人事業主
融資額 50万円~500万円まで
借入利率 6.0%~17.8%
担保 不要

VIPローンカードBUSINESSはオリックス株式会社の子会社が提供しているビジネスローンで、総量規制(年収の3分の1までが限度額)の対象外のため個人事業主でもまとまった金額を借入する事ができます。

No Image
ビジネスローン VIPローンカードBUSINESS│オリックス・クレジットオリックス・クレジットのビジネスローン【VIPローンカードBUSINESS】公式ページです。経営者・個人事業主にご利用いただけるビジネスローンです。最短即日融資可能な来店...

 

第4位 りそなビジネスローン「活動力」(りそな銀行)

融資対象者 法人または個人事業主(りそなグループから借入履歴がない)
融資額 10万円~500万円まで
借入利率 6.0%~14.0%
担保 不要

りそな銀行のビジネスローンの「活動力」は原則的に来店不要で、メール・郵送または電話のみで全ての手続きが完了させる事ができます。条件付きですが個人事業主でも借入する事ができる銀行系ビジネスローンとなります。

No Image
りそなビジネスローン「活動力」│法人のお客さま│りそな銀行りそな銀行は、資金調達、企業年金、不動産業務などに関する長年のノウハウを活かし、法人のお客さまのさまざまなニーズにお応えします。また、法人のお客さま向けインター...

 

第5位 MRFエムアールエフ(ノンバンク系)

融資対象者 法人または個人事業主
融資額 100万円~ 3億円まで
借入利率 4.00%~9.90%
担保 土地・建物に根抵当権設

中小企業と個人事業主向けにビジネスローンサービスを提供しているMRFは、事業のプランニングや経営課題の支援もしてくれるローン会社です。特に西日本を中心に融資しており、融資実績は230億円以上の実績があります。サービスプランでは6種類ほどあり下記は「長期間元金措置プラン」となります。

No Image
事業者向け不動産担保・ビジネスローンはエムアールエフ【MRF】CM放映中!仮審査はお申し込み後24時間以内に対応!西日本エリア(兵庫、岡山、広島、山口、福岡、大分、佐賀、熊本、長崎、宮崎、鹿児島、愛媛、香川)で事業者向けビジネ...

 

第6位 プロミス自営者カードローン(ノンバンク系)

融資対象者 個人事業主
融資額 300万円まで
借入利率 6.3%~17.8%
担保 不要

消費者金融でもおなじみのプロミスですがビジネスローンサービスもあり、「プロミス自営者カードローン」は個人事業主に向けたビジネスローンとなります。当日中の借入も可能で、事業資金以外のプライベートでも利用する事ができます。

No Image
自営者カードローン|消費者金融のプロミス公式サイト自営者カードローンのご紹介。キャッシング・消費者金融のプロミスでは、さまざまなご要望にお応えするキャッシングプランをご用意。SMBCグループの金融会社SMBCコンシ...

 

第7位 CREST for Bizクレスト フォービズ(ノンバンク系)

融資対象者 個人事業主
融資額 300万円まで
借入利率 6.0%~18.0%
担保 不要

クレストフォービズはオリエントコーポレーションが提供しているビジネスローンで「ローンカード型」のビジネスローンが特徴です。ローンカード型とは上限枠までならいつでもATMで借入する事ができるものを言います。

No Image
CREST for Biz(クレスト フォービズ)|事業融資のオリコビジネスカード(法人カード)・事業融資のオリコ公式サイトです。このページでは個人事業主さま向けローンカード「CREST for Biz(クレスト フォービズ)」についてご紹介...

 

第8位 ビジネスローン(ジャパンネット銀行)

融資対象者 ヤフーショッピングかヤフオクストアでの出店歴がある
融資額 50万円~3,000万円まで
借入利率 1.45~8.20%
担保 不要

ネット銀行のジャパネット銀行が提供しているビジネスローンで、ヤフーショッピングやヤフオクストアの事業者に向けたビジネスローンです。金利が低く3000万円まで借入する事ができます。

No Image
融資|ビジネスでのご利用|ジャパンネット銀行資金調達の強い味方! 限度額内で繰り返しお借入れ可能なジャパンネット銀行ビジネスローンのご紹介です。24時間いつでもWebからお申し込み可能です。

 

第9位 三鷹産業ビジネスローン(ノンバンク系)

融資対象者 法人または個人事業主
融資額 50万円~1,000万円まで
借入利率 6.00%~18.00%
担保 審査によっては保証人・担保(不動産)が必要な場合もあり

関西一円の企業相手にローン融資を提供している三鷹産業のビジネスローンは、法人と個人事業主どちらでも借入する事ができます。特徴では即日融資が可能な事で関西圏でのスピード融資をしたい企業に向いています。

No Image
ビジネスローン|三鷹産業株式会社ビジネスローン(商工ローン)の商品案内です。個人事業主、ベンチャービジネス・商店・会社経営者などにビジネス資金をご融資します。

 

第10位 ユニーファイナンスのビジネスローン(ノンバンク系)

融資対象者 個人事業主
融資額 200万円まで
借入利率 12.00%~17.95%
担保 不要

ユニーファイナンスは東海地方をメインに融資をしているローン会社でビジネスローンサービスもあります。ローンカード型のビジネスローンで限度額は200万円まで借入する事ができます。

No Image
消費者金融、キャッシングのユニーファイナンス 即日振込み、無利息キャンペーン実施中[愛知、岐阜、三重...消費者金融、キャッシングのユニーファイナンス 即日振込み、無利息キャンペーン実施中[愛知、岐阜、三重、名古屋]

 

 

ビジネスローンについて概要とおすすめランキングをお伝えしてきました。

銀行融資と比較して、ビジネスローンのメリット・デメリットがありますので、十分に理解したうえで今の自社の資金調達方法として有効かどうか、検討するのが良いでしょう。

ビジネスローンの上手な利用法とは?

ビジネスローンは審査基準がプロパー融資や保証付融資に比べると緩めに設定され、スピード審査・スピード融資、場合によってはローンカードを作成し融資上限額まで何度でも簡単にATMから借入可能というものまで存在します。

確かに非常に便利な融資サービスではあるものの、貸付金利の高さには注意したいものです。

想定外の突発的な資金調達や短期的な繋ぎ資金が必要となった場合にはビジネスローンを活用するという選択肢も有効ですが、長期的で大規模な資金調達に対してはビジネスローンは不向きだと言えます。

もし、急いでいるけど融資の審査を待つ時間がないという場合は、最短即日の資金調達が可能なファクタリングを検討するのも選択肢の1つです。

資金調達の種類はこちら

 

関連記事

目次