ファクタリングを用いた現金化のポイントとリスク管理のポイント

ファクタリングは売掛債権をファクタリング業者に売却、または譲渡することで早期に現金化することができます。
手数料が差し引かれるものの、手持ちの現金が必要な場合に有効な手段になります。
ただし、銀行の融資ほどではないものの審査に時間がかかるケースもあり、手法ごとのメリットの違いをあらかじめ知っておく必要があるのです。

◆ファクタリングは売掛債権を現金化する手法

ファクタリングは大きく二者間ファクタリングと三社間ファクタリング、保険として存在する保証ファクタリングにわけられます。
二者間ファクタリングは売掛債権をファクタリング会社に買い取ってもらい、ファクタリング会社に売掛金の回収を代行してもらう方法です。
売掛金の早期の現金化が可能ですが、三社間ファクタリングよりも手数料が高い傾向があります。一方で、お金は一括で支払ってもらえることが多く、急に現金が不足した場合に使いやすくなっています。
三社間ファクタリングは、売掛債権をファクタリング会社に譲渡し、法務局に届出をするのが特徴です。法律上の後ろ盾があるため、不正が入りにくく、ファクタリング業者が背負う負担を大きく軽減することができます。
リスクが少ない分手数料は低くなる傾向があります。ただし、審査や手続きに時間がかかるケースが多く、銀行からの融資が見込めない場合に予備的に使われることが多くなります。
保証ファクタリングは現金の不足を防ぐための保険のような役割を果たしています。売掛金が発生した企業が倒産した場合や、支払いが遅れた場合に備え、保証ファクタリング会社にあらかじめ手数料を支払います。実際に取引先が倒産した際などは、保証ファクタリング会社が規定に従ったお金を支払ってくれるのです。
どの程度のスピードで現金が欲しいのか、あるいはリスク自体に備えるかを考えて使い分けることが重要になってきます。

◆銀行融資とファクタリングの違いは

事業資金が必要な場合は、一般的に銀行融資を利用することが多くなります。銀行はある程度まとまった金額を貸してくれる可能性があり、金利も低いからです。
ただし、銀行は貸し倒れのリスクに対して敏感で、審査も厳しい傾向があります。審査自体に時間がかかるケースが多く、現金が必要なタイミングによっては使えない場合があるのです。
ポイントになるのが経営計画や実際の経営実態を厳しく問われることです。黒字を積み重ねてきた実績がなければ融資が難しいケースも多く、審査が徒労に終わる可能性も組み込んでいく必要があります。
二者間ファクタリングにも審査は存在しますが、即日現金化ができる可能性があります。あくまで書類が揃っていることが前提であり、売掛債権の回収見込みがたっている場合になるものの、スピーディーに手続きが進むのが魅力です。
ただし、取引先の経営が危ういなど、債権の回収リスクが高くなれば審査を通らなくなることがあります。また、手数料は高めになるため、常時利用するようになればそれだけ経営上の負担になります。
三社間ファクタリングは二者間ファクタリングよりも審査と手続きに時間がかかります。また、頭金で80%から手数料を差し引いた前金と、実際に売掛債権が回収された後に20%の後金にわけて支払われるケースが多いのがポイントです。
現金化のスピードで考えれば、二者間ファクタリング、三社間ファクタリング、銀行融資の順になり、金利などを考えた場合は銀行融資の方が有利な場合もあるのです。
赤字企業の場合は銀行融資よりもファクタリングによる売掛債権の現金化の方が確実なケースもあるため、リスクに応じて比較しながら使うのが一般的になっています。

◆ファクタリングのリスクにも理解が必要

ファクタリングは売掛債権を現金化する手法です。未来の収益を先食いする行為といえるだけでなく、債権として使える売上げ自体がなければ現金化できないことになります。
売掛債権の回収のタイミングをコントロールすることは重要で、お金が入るタイミングと出るタイミングを把握していなければファクタリングに頼り切りになる可能性が出てきます。
ファクタリングが必要な状況になった場合は、改めて入出金の管理を見直す必要があるのです。
また、取引先の倒産から連鎖的に倒産する中小企業は多く、支払いの停滞によって致命的な影響を受けることもあります。依存先が高い取引先には念のために保証ファクタリングで保障をかけておくなど、工夫をしておくのも方法なのです。
現金が不足しないことが最も重要になるため、効率化だけでなく、リスクに対する備えを意識した方が良いケースもあるのです。

◆ファクタリングで現金を得るなら改善策をセットに

ファクタリングで売掛債権を現金化するのは、比較的簡単です。ファクタリングが一般的な業界も存在し、大手企業が下請け業者にファクタリング会社を紹介するケースすらあります。
ただし、手数料が取られることが前提になるため、あくまで緊急策として考えた方がプラスになりやすいのです。
仮に利用する場合は改善策をセットで考えることが重要で、ファクタリングに頼りきりにならないようにする必要があります。

Author: sjsuimvdodllccco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です